Skin & Scalp Care_jp 2017-04-17T11:46:32+00:00

Bare nature を使って最大限に美しさを引き出すために・・・

ベアネイチャーをシャンプーとして使用する場合

1. 水、またはぬるま湯で髪と地肌をよく濡らしてください。

2. ロングヘアの場合はコンディショナーをシャンプーの前に使うことをオススメします。

3. 100円玉程度のベアネイチャーを手のひらに出し、泡立て、地肌に乗せます。シャンプーの分量を増やしすぎたり、無駄に使わないように注意しましょう。

4. 優しく洗います:爪を立てて洗ったり、頭皮を強くこすったりするマッサージは良くありません。健康な髪は根元から生えてくるので特に根元は優しく洗いましょう。摩擦が起きると髪のキューティクルが失われ、髪が切れたり縮れたりします。気持ちよく感じる位の指圧で縦方向にマッサージすることにより、頭皮の血流を促進させ、髪の成長を助けます。円を描くようにマッサージすると髪の絡まりの原因になるので、注意してください。

5. すすぎます:シャンプーをしっかり洗い流しましょう。2度洗いの必要はありません。2度シャンプーをしてしまうと、身体から生まれる天然のオイルと水分まで洗い流してしまう可能性があります。ただし、髪や頭皮が特別汚れていたり、泡が全く立たなかった場合には2度目のシャンプーも適切だといえます。

6. もし髪の長さがミディアム~ロングの場合は普段お使いのコンディショナー、またはりんご酢のリンスで髪を整えましょう。りんご酢リンスのレシピは下記の通りです。

7. 水、または水に近いぬるま湯ですすぎます。(適切な温度ですすぐことにより、キューティクルをしっかりと守り、髪を滑らかに保つことができます。)

8. 乾かします:髪を乾燥させる時には擦らないでください。濡れた髪を擦ってしまうとキューティクルが壊れたり、毛が切れたり、縮れたりするので、タオルでポンポンと軽く叩くようにします。その後は自然乾燥させてください。ドライヤーを使うときには軽く乾くまで、熱をかけすぎずに乾かしましょう。


Qty



りんご酢のナチュラルリンス 

材料

水 1カップ(250 ml)

りんご酢* 大さじ2杯 (30 ml)

きれいに洗ったベアネイチャーのボトル 1本

作り方

  • 水とりんご酢をきれいに洗ったベアネイチャーのボトルに入れ、混ぜ合わせます。シャンプーの後、(コンディショナーを使う前)このリンスを使います。
  • ボトルを握り、地肌に直接リンスを噴射し、優しく地肌をマッサージします。注意:目に入らないようにしてください。
  • 30秒置いた後に、洗い流します。

* 品質の良いりんご酢を使いましょう。ドライヘアの方や細い髪の毛の方はご自身の髪の毛の質感を変えないために、りんご酢の量を減らしてご使用ください。


Qty



ベアネイチャーをボディソープや洗顔料として使う場合

  1. 熱いお湯は使わないでください*。水またはぬるま湯が適しています。

*熱いお湯を使ってしまうと、肌に残された天然のオイルを取り除き、乾燥やかゆみの原因となってしまいます。[1] キッチンで揚げ物をした後にお鍋やフライパンを洗う時と似ていますね。また、熱いお湯が皮膚の炎症反応を起こし発疹やかゆみの原因となる場合があります。最大でも43度程度のお湯を使うように心がけてみましょう。この温度で肌を保護することは十分に可能です。いくつかの研究では、お湯の温度が低いことにより、抗酸化作用が増えて免疫力が増すともいわれています。[2]

  1. 10分以上かけて洗うのはやめましょう。長く洗うことは肌の保湿バランスを失うことになります。
  2. 特に皮脂分泌が多い部分(Tゾーン、わきの下、臀部、足の裏など)は洗浄料で洗うだけにしましょう。
  3. 洗浄料はつけすぎないようにしましょう。お肌のコンディションによって異なりますが、顔なら1,2滴、 全身でも100円玉程度で十分です。
  4. お風呂やシャワーが終わったら、空気で乾燥してしまうので、すぐに顔やお肌を保湿しましょう。

[1] http://news.nationalgeographic.com/news/energy/2013/12/131213-washing-hands-hot-water-wastes-energy-health/ (英語)

[2] http://www.vba.vic.gov.au/__data/assets/pdf_file/0018/21267/Hot-water-safety.pdf (英語)

ご購入はこちらから

Love yourself. Be gentle to your skin.

美しい髪はBare natureから

Q. 私に合った、ちょうど良いシャンプーの回数ってあるのでしょうか?

A. トライコロジスト(毛髪学者)によると、なんと毎日1回でもシャンプー回数は多いということです

柔らかくて細い、コシのない髪

柔らかくて細い、コシのない髪には1週間に2回以上のシャンプーは必要ありません。体から自然に生まれてくる油分や保湿力を使ってバランスを整えるのに十分な回数だからです。

ロングヘア

ロングヘアの方は熱いお湯は使わず、水かぬるま湯を使って洗ってください。また、シャンプーの前に1度コンディショナーを使うことも効果的です。

太い、またはくせ毛

太い、またはくせ毛の方は、自分の体から生まれてくる自然な油分が整うまでに時間がかかるために、なんと週に1回のシャンプーでも大丈夫です。今までより、シャンプーの回数を少なめにしてみませんか?